保育士の求人適性は、まずは子どもと関わるのが好きかどうかです。
共働きの家庭や、妊娠中、療養中、など様々な家庭の事情で子どもの面倒を見ることができない保護者にかわって、子どもを預かり子育てを行うのが保育士です。



子どもが好きなのは働きための必要条件で、子どもの心身を成長させて、命を預かるという重大な役目を果たす必要があります。
食事、トイレ、着替え、片付け、遊び、など生活習慣から全ての面倒をみます。保育士は、保育所などの児童福祉施設で保護者のかわりになり、子どもの年齢に応じた生活指導をします。

それと同時に、保護者に対しても保育に関する指導を行うこともあります。

保育の対象年齢は幅広く、小学校入学前の乳幼児~18歳未満の未成年者です。

保育所以外の職場には、乳児院、児童養護施設、母子生活施設、知的障害児施設、などがあります。

保育士の求人について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

幼稚園教諭との違いは、保育士の職場は児童福祉施設であり、仕事内容が福祉にあたるところです。
幼稚園は教育機関に分類されており、福祉の意味合いはありません。

保育士の求人情報が手に入ります。

どちらも幼児に関わる仕事という点では共通していますが、福祉活動かどうかが異なります。
求人に有利になるポイントは、ピアノが弾ける、絵を描くのが得意、お話を読むのがうまい、など子どもたちとコミュニケーションをとる手段を多く持っていることです。女性が圧倒的に多いですが、男性の保育士も少数ながらいます。男性は女性よりも体力に長けているので、体力勝負が必要な場面では重宝されます。